VOICE

お客様からいただきました声を掲載させていただきました!

N様邸

豊田市
友人の家づくりの失敗談がヒントに。 間取りの工夫やオリジナルな造作で、1日の大半を過ごす主婦の希望が叶いました。
動画あり

家を新築したいと思われたのは「いつ頃」「きっかけ」は何でしたか?

夫:
以前はこの近くのコーポに住んでいたのですが、土地収用のためにこの地に移り、家を新築することにしました。

水嶋建設は 「いつ」 「どうやって」 知りましたか?

夫:
父が仕事関連で水嶋さんを知っていて、紹介されました。と言っても、私たちは家を建てるのが初めてだったので、すぐにお願いせずにまずは家づくりについて調べることから始めました。

他の工務店・ハウスメーカーと比べましたか?

妻:
まずはハウジングセンターに行きました。ハウスメーカーの家はみな頑張っていて良いんだけど、実際住むにはどうか?と疑問でした。参考になったのは、実際に住んでいる友人なんかのお宅を訪問して、色々話を聞いたことで、「こうしておけばよかった」という失敗談にリアリティがあり、家づくりのヒントになりました。
 
夫:
年齢も近く、家族構成が似ている場合は本当に参考になりました。

どんなところにこだわりましたか?

妻:
1日の大半を家で過ごすのは主婦ですから、家族の動線を大切にしました。例えば、キッチンの前に2階への階段をつくり、子どもたちの動きが分かるようにしました。誰がどこにいるかが分かれば安心ですからね。あと、水回りの動線を短く、も希望でした。
 
夫:
音楽が趣味なものですから、音楽関係の機材が置ける部屋をつくりたい。これだけは譲れなかったですね。

お住まいになって、住み心地はいかがですか?

妻:
キッチン→家事室→サニタリー&バスルームの動線を一直線で短くしたので、料理・選択がテキパキと捗ります。
 
玄関ホールに大きめの半月形のテーブルをつくり付けで造作してもらって、そこに写真を飾ったり、花を活けたりして季節感を楽しむようにしています。お客さまもそれを見てすぐに、私の趣味や家族の様子を理解するみたいで、これは大正解でした。

家づくりの体験談を動画で紹介!

\ みずしまの家についてのお問い合わせはこちら /

電話でのお問い合わせは
0120-28-1890担当:輪崎
営業時間 / 8:00 ~ 17:00 定休日 / 日曜日・祝日
お問い合わせフォームはこちら
ページTOPへ