VOICE

お客様からいただきました声を掲載させていただきました!

U様邸

豊田市
屋根裏までの高い吹抜のあるリビング。 気がつけば家族みんながいつの間にか集まってきます。

家を新築したいと思われたのは「いつ頃」「きっかけ」は何でしたか?

夫:
転勤が多い仕事でしたので、長く社宅暮らしが続きました。でも仕事が落着いたら、両親とここに住もうと考えていました。娘たちも大きくなってきたので、それぞれの個室もつくってあげたかった。
 
以前ここには古い家があって「半分残して半分建替え」というような手法で新築しました。一戸建てを建てるというのも長年の念願でした。

水嶋建設は「いつ」「どうやって」知りましたか?

夫:
前の家のリフォームなども両親がお願いしていたそうで、そのつながりですね。でも私たちとは直接の接点はありませんので、新築即水嶋さんというわけではなかったですね。

他の工務店・ハウスメーカーと比べましたか?

夫:
名古屋のハウジングセンターに行き、木造・鉄骨・鉄筋コンクリート、あらゆる家を見ました。
 
大空間のある家が建てたかったものですから、鉄筋コンクリートかなとも思っていたのですがコストが高くなって しまう。耐震性は高いようでも割れてしまっては修繕しにくいというデメリットがあることも知りました。
 
鉄骨は曲がってしまうことと結露が心配でした。いろいろ調べて行くうちに、木の家でも大空間は可能ということを知り木の家にすることにしました。

水嶋建設を選んだ理由は何ですか?

夫:私の疑問や調べたことについても丁寧に説明してくれて、わかりやすかったことですね。隠し事がなく、なんでもしっかり答えてくれました。信頼が生まれました。
 
妻:それに木造を「半分残して半分建替え」ですから、新築部分が鉄筋コンクリートではなんだか相性が悪そうですよね、なんとなく。
 
夫:「木は弱く、強い家は鉄筋」とういう概念が、調べれば調べるほど単なる思い込みのイメージにすぎなかったと知って、それでは水嶋さんにお願いしようということになりました。

どんなところにこだわりましたか?

夫:
大空間で耐震をテーマに、柱を太くしてもらいました。
 
妻:
玄関は広くしてもらいました。家を訪ねてくる方の多くは玄関までですから、そこをゆったりと広くすれば来た方にも応対する側もラクですから。
あとは、おじいちゃんが油絵を描きますので100号の大きな 絵も掛けられる壁を玄関正面につくってもらいました。
 
7人家族ですからリビング、キッチンをひろくしてもらいました。キッチンスペースを横に長くとったのは、複数の人間がキッチンに立てるようにしたかったからです。
3人の娘たちが並んで手伝ってくれたらな~の期待を込めて。今のところ期待したほどはやってくれませんが・・・(笑)

夫:
屋根裏までの高い吹抜のある大空間ですね。それと本を集めた部屋が欲しい。子どもたちにも本に親しんでほしいので。吹抜は家族の気配が感じられていいですね。
 
妻:
洗面所は脱衣所以外にもつくりました。7人家族の朝は集中しますからね。

水嶋にして良かったこと、悪かったことを教えてください。

夫:
何かあるたびにすぐ駆けつけてくれます。それも会社命令で義務的に来るのではなく、自分の仕事として対応してくれるのは気持ちいいですね。
 
妻:
平面図からは建物の全体像が掴みにくいので、立体図とか3Dとかにして見せて欲しかったかな。それくらいでしょうか。

みずしまの家に住まいになって、いかがですか住み心地は?

夫:
最高。
 
妻:
娘たちの部屋はそれぞれ6帖で2帖のクローゼットがあるのですが、自室に閉じこもらなくて、みんなリビングに集まってきます。気持のいいリビングは家族を惹きつけるチカラがあるんですね。

\ みずしまの家についてのお問い合わせはこちら /

電話でのお問い合わせは
0120-28-1890担当:輪崎
営業時間 / 8:00 ~ 17:00 定休日 / 日曜日・祝日
お問い合わせフォームはこちら
ページTOPへ