PROCESS

新しく家を建てるまでのプロセスをご紹介

地鎮祭からお引き渡しまで

地鎮祭からお引き渡しまで、
みずしまの注文住宅の家づくりをご紹介します。

お客様のご希望(間取り・外観・使用素材・住宅設備機器など)を図面にし、ご納得をいただいたプランをもとに、いよいよマイホームの着工となります。

  • 地鎮祭

    1地鎮祭

    土地と人のお祓いをして、工事がスタートします。

  • 地盤改良工事

    2地盤改良工事

    地盤の強度を調べ、不同沈下などを起こさないように工事を行います。

  • 基礎工事

    3基礎工事

    耐震強度の高い鉄筋コンクリートによるベタ基礎です。建物全体を支える重要な工事です。

  • 木工事

    4木工事

    基礎の天端全体へ基礎パッキンという換気用の部材を施工し、その上に土台を施工します。

  • 上棟(建前)

    5上棟(建前)

    一日で一気に柱・梁・屋根などを立ち上げます。現場のメインイベントです。

    上棟が終わると筋交い(耐力壁)を入れ、金物で補強します。

  • 屋根工事

    6屋根工事

    軒先全体に空気を採り入れる隙間を設け、熱が屋根の棟に向かって自然に抜けていくようにします。

  • 通気シート工事

    7通気シート工事

    通気シートを外部の壁全体に貼って、水の進入を防ぎます。

  • 外部工事

    8外部工事

    木ズリ(斜めに施工する木)でさらに耐震補強。耐震基準の2.5倍以上を実現します。外壁のクラック(ひび割れ)防止の役割も果たします。

  • 外壁工事

    9外壁工事

    メタルラスを貼り、外壁(写真はシラスそとん壁)を下塗り。シラスの上塗りを行い、かき落とし仕上げをすれば外壁の完成です。

  • 断熱工事

    10断熱工事

    断熱材には古紙を原料にしたセルロースファイバーを使用します。断熱性の高さはもちろん、調湿性・防音性・防虫性にも優れた効果のある自然素材です。このセルロースファイバーを壁・天井・床のすみずみまで吹き込みます。まるで家全体がすっぽりと羽毛ふとんで包まれたようなイメージです。このセルロースファイバーは古紙なのに燃えにくいという特長もあります。

  • 造作工事

    11造作工事

    押入れや物入れには調湿性と防虫性をもつ桐の板を張っていきます。

  • 仕上げ工事

    12仕上げ工事

    フローリングは無垢の床材、壁は調湿性のある自然素材を施工。ビニール系の素材は一切使用しません。また、キッチンや洗面などの住宅設備機器はお客様のお好みのものを施工します(どこのメーカーのものにするのも自由です)。

  • 完成・お引き渡し

    13完成・お引き渡し

    耐震性が高く、からだにやさしい自然素材でつくられた「みずしまの注文住宅」の完成です。

ページTOPへ