METHOD

手刻み

匠の技の息づく伝統的な「手刻み」による家づくりもお勧めします

木材の加工は近年、コンピューターと機械を使って工場で製材する「プレカット」が主流になっていますが、みずしまの注文住宅では熟練の匠たちによる「手刻み」による加工も行っています。木材は長さや幅が限られているため、大工たちは古くから墨付けを行って「継手」を作り、できるだけ強度を落とさずに「より長い」材料を生み出す手刻みの技に取り組んできました。また、互いに交差する木材をつなぐ場合には「仕口」を作って、引っ張りやねじれに耐えられるような木組みも工夫しました。手刻みには伝統に培われた経験と技術が求められ、木材を適材適所に使い回すこともできます。さらに、構造体を「表し」で見せる造りや納まりでは、手刻みでしか表現できない領域もあります。伝統の技術を活かした住まいをご希望のお客様は、手刻みをご検討ください。

代表的な継手と仕口の例

手刻みを象徴する2種類の加工法が、継手と仕口です。継手は木材を継ぎ足して長さを補う場合に使われ、仕口は交差する木材を強度を維持したまま組み合わせるときに使われます。代表的ないくつかについてご紹介しましょう。

腰掛け鎌継ぎ
(こしかけかまつぎ)

男木の頭が「蛇の鎌首」に似ていることから、この名前が付けられました。主に土台や胴差し、軒桁などの横架材の継手として用いられます。引張力に強いという特徴があります。
腰掛け鎌継ぎ
腰掛け鎌継ぎ

追掛け大栓継ぎ
(おっかけだいせんつぎ)

上木・下木のすべり込み部分に10分の1程度のすべり勾配を持たせ、二つの木材を引き寄せて胴付き部分が密着するように大栓を用います。継手の中では強固なものの一つです。
台持ち継ぎ
台持ち継ぎ

台持ち継ぎ
(だいもちつぎ)

両方の部材の木口を、互いに斜め方向に加工して組み合わせる継手です。接合面にダホが打たれ、束の加重によって固められるため、丸太の小屋梁などによく用いられます。
台持ち継ぎ
台持ち継ぎ

金輪継ぎ
(かなわつぎ)

男木と女木が同じ形ですが、組み合わせた後に込み栓の分だけ軸と同じ方向にずらすので、せん断力が保たれています。比較的現場作業が容易で、柱の根継ぎなどに使われます。
金輪継ぎ
金輪継ぎ

渡りあご
(わたりあご)

一つの木をもう一つの木に乗せるという日本古来の仕口方法。木同士に溝を作り、そこに互いをはめて組みます。仕口にはほかに「蟻掛け」「当り欠け」「大入れ」などがあります。
渡りあご
渡りあご

ページTOPへ