WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
この一邸、このこだわり
2021/05/10

第17回 記憶のリレー

家族の歴史も受け継ぐ家づくり。注文住宅ならそれができます。

新築といってもなにもかも新しいものだけを使うわけではありません。家を新築するにあたってS様が大切にされたことのひとつは、新居でも旧居が長く育んできた家族の歴史をしっかり受け継ぎたいということでした。これまで住んでいた家の好きだったところ、この先も大切にしたいものを、新しい住まいでも活かす家づくりです。家の記憶の継承です。たとえば、「以前の住まいの床柱や書斎机が再利用できる和室」「永く大切にしてきた絵画を飾るスペース」「使っていた家具がゆったり入る収納」「思い出の品々が長く保存できる小屋裏収納」など。親家族から子の家族へ、旧居から新居へのバトンタッチが住まいの各所でスムーズに行われています。
(豊田市 S様邸)

旧居で使っていたお気に入りのオニキスマントルピース
旧居で使っていたお気に入りのオニキスマントルピース
  • 旧居の床柱と書斎机を活用した和室
    旧居の床柱と書斎机を活用した和室
  • 使っていた食器棚がすっぽりと収まる設計に
    使っていた食器棚がすっぽりと収まる設計に

注文住宅ならではのプランやアイデアも魅力のS様邸。

もちろん暮らしやすさにもしっかりと目が向けられ、なんといっても、広い玄関ホールから各部屋、洗面室・浴室をつなぐ幅広廊下のうむゆとりはS様邸のもうひとつの大きな魅力です。また、シックで機能的なキッチンやすっきりと広い居室などなど。それらを包容する、青空に映える白亜の外観の美しさは誰もの目を惹いています。

青空に映える白亜の外観
青空に映える白亜の外観
  • ゆとりの広さの玄関&玄関ホール
    ゆとりの広さの玄関&玄関ホール
  • 圧迫感のない広々とした廊下
    圧迫感のない広々とした廊下

あなたにオススメの記事

ページTOPへ