WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
家づくり用語事典
2021/04/10

間取り、動線、収納などが決まったら、 注文住宅ならではの愉しみを。

自由設計の注文住宅は「間取り」「動線」「収納」など、ご家族の希望とこだわりを叶えますが、それだけではありません。
世界のどこにもない、我が家だけのものも実現できます。大がかりな造作ではなくても、小味の効いた演出で「お宅らしいわね」との話題の中心になることも。ここまで住まいを愉しむのが、みずしまの家づくりです。

【アートニッチ】

壁をくりぬいたように見えるニッチ。和の外観との相乗効果を狙った、小憎らしいほどの送迎空間の演出です。ニッチには棚もあって、季節の花の一輪挿しや、桃の節句、端午の節句などではイベント小物を飾ったり、年始には干支の置物などで送迎空間にうるおいを。

  • (安城市 I様邸)
    (安城市 I様邸)
  • (安城市 I様邸)
    (安城市 I様邸)

【リバーシブルな月】

和室の壁には「月見窓」のような小さな丸い窓。座って見上げると空に月が出ているよう。これが夜になると和室の明かりが「月見窓」を透過して玄関ホールに「月の出」を演出。「お帰りなさい。お疲れ様でした。いい夜になりそうですね」。そうお出迎え。

  • (豊田市 K様邸)
    (豊田市 K様邸)
  • (豊田市 K様邸)
    (豊田市 K様邸)

【テーマカラー】

インテリアの色づかいにテーマカラーを設けると、住まいに統一感がうまれます。階段の蹴り込み(踏板ではなく立面部分)までもブルーグレーのクロスで仕上げるなどユニークな試み。階段の上り下りにも、まるで遊びかゲームをするような愉しみが。

  • (日進市 M様邸)
    (日進市 M様邸)
  • (日進市 M様邸)
    (日進市 M様邸)

【丸窓】

京都・源光庵の「悟りの窓」のような丸窓。直線で構成される建物にやわらかさを演出します。土間に設けられた丸窓は、昼は外の緑景を取り込み、夜は満月のように道行く人を照らします。丸窓はその機能を超えて、それ自体でインテリアになります。

  • (岡崎市 S様邸)
    (岡崎市 S様邸)
  • (岡崎市 S様邸)
    (岡崎市 S様邸)

あなたにオススメの記事

ページTOPへ