WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
この一邸、このこだわり
2021/04/10

第16回 磨き丸太柱

檜の樹形そのままの「大黒柱」。
リビング空間にその存在感が光ります。

I様邸のリビングに一歩足を踏み入れると、樹形もそのままの磨き(無垢)檜の丸太柱に圧倒されます。まるでそこに生えていた檜の大木をそのまま柱にしたような存在感。床下には根が広がっているのではないか。天井を突き抜けた先には青々とした葉をつけた枝が伸びているのでないか。そんなイメージ(妄想)を逞しくしてしまいます。表面はつやつやと滑らかな仕上げ。この丸太柱はI様自らが産地の京都に足を運び、多くの銘木の中から吟味を重ね選んだもの。I様の住まいづくりにかけた、なみなみならぬ情熱を感じさせられます。リビングダイニングは、この磨き丸太柱とシンクロするように無垢材やシラス壁を採用して清潔で清々しい空間に。多くの住まいは直線で構成されていて、造作家具などでアール(曲線)をだすくらいですが、住まいの中心にアールがある暮らしはどんな居心地になるものか。好奇心と興味の尽きないI様邸です。

  • 安城市 I様邸
    安城市 I様邸
  • 安城市 I様邸
    安城市 I様邸

注文住宅ならではのプランやアイデアも魅力のI様邸。

丸太柱を回って階段を上がれば、2階ホールにあるのは開放的な書斎(ワークスペース)。この書斎からも丸太柱が見えています。テレワークなどを快適にこなし、趣味も楽しめるゆとりの広さを確保しています。そのほかインナーガレージや趣味を楽しむ防音室などI様のご希望はことごとく叶えられています。

  • 2階ホールの書斎(ワークスペース)
    2階ホールの書斎(ワークスペース)
  • インナーガレージ
    インナーガレージ
  • 防音仕様の趣味室
    防音仕様の趣味室

あなたにオススメの記事

ページTOPへ