WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
家づくり用語事典
2020/12/10

スペースをフル活用できるのも、注文住宅の魅力。

スペースをフル活用できるのも、注文住宅の魅力。

かゆいところに手が届くというのか、ちょっとしたアイデアで毎日の暮らしを想定以上に快適にできる注文住宅。なかでもデッドスペースをどう活用するかは、お施主様の暮らし方への熱意と建築士の知恵が試されているようで、例えば見学会などでの見どころのひとつです。みずしまの家でも、スペースを余すところなく活用した建築事例がたくさんあり、その一部をご紹介します。

【階段下に家事室】

キッチン側から見た、洗面室・浴室への動線の写真です。中央の壁の左側が階段下を活用した家事室になっています。キッチンでの家事が一息ついたらここでティーブレイクもうれしい。右側の棚はパントリー(食品庫)になっています。

(豊田市 0様邸)
(豊田市 0様邸)

【階段下を双方向で利用】

廊下側と洗面室側の2方向から階段下を活用しています。廊下側には掃除機などを、洗面室側には洗濯物を入れるカゴ(キャスター付)などを入れておくと便利。間取りプランによっては階段下を3方向から活用することもできます。

  • (豊田市 T様邸)
    (豊田市 T様邸)
  • (豊田市 T様邸)
    (豊田市 T様邸)

【階段下にワークスペース】

独立した書斎(ワークスペース)が欲しいけれどなかなかそこまでスペースがとれなくてという場合は階段下を活用。リビングにいる家族ともゆるやかにつながれるなど、仕事と家事・育児を上手に両立できるワークスペースになります。

(豊田市 K様邸)
(豊田市 K様邸)

【壁を収納棚に】

壁はデッドスペースではありませんが、みずしまの家は柱と梁で建物を支える「軸組み工法」ですから、すじかいの不要な壁は本棚にしても強度に不足は生じません。絵のお好きなら、絵画を飾る「画廊下」にしてみるのもアイデアです。

(瀬戸市 S様邸)
(瀬戸市 S様邸)

【階段下を花台に】

普通は全体を壁にしてしまうところですが、お施主様の住まい方への熱意が階段下の小スペースもうるおいの空間に変身。季節の花や観葉植物のほか、光を活用したインテリアグッズで華やかに演出するのもいいですね。

(瀬戸市 D様邸)
(瀬戸市 D様邸)

あなたにオススメの記事

ページTOPへ