WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
この一邸、このこだわり
2020/11/09

第12回 回遊動線

動線に行き止まりがなく、家事をラクに。家族みんなにも便利な毎日を。

今年で31年目を迎える『渡辺篤史の建もの探訪』というTV番組があって、そこで氏が好んで取り上げていたのが回遊動線の住まい。「ほう、これ、くるっと回れるんですね」と毎回のように感心。玄関ホールに出迎えにいた子どもたちが、氏とは別の動線を使ってキッチンで待ち伏せ。「あれっ?」と言いながら、氏の笑顔はますます大きくなります。T様邸もその回遊動線の家。階段室を中心にして、玄関ホール→リビングダイニング→キッチン→洗面室・浴室→玄関ホールと行き止まりのない動線になっています。家事がラクになるのはもちろん、家族みんなにも便利な動線です。帰宅後すぐの手洗いもスムーズで、「新しい生活様式」にもぴったり。

代表的な回遊動線の間取り図
豊田市 T様邸
代表的な回遊動線の間取り図
豊田市 T様邸
  • 玄関ホールから左へ洗面室、右へダイニング。
    玄関ホールから左へ洗面室、右へダイニング。
  • 2階とのアクセスも良好。
    2階とのアクセスも良好。
  • キッチンと洗面室は一直線の動線。
    キッチンと洗面室は一直線の動線。

注文住宅ならではのプランやアイデアも魅力のT様邸。

T様邸の魅力は回遊動線以外にもたくさんあります。和室は玄関ホールからも出入りできる2Way。リビングを通らずに水回りにアクセスできるため、お客様の宿泊スペースとしても気兼ねなく使っていただけます。また、階段下スペースを廊下と洗面室の双方の収納にするなど、余すところなくフル活用。テレワークという「新しい働き方」を快適にこなす書斎も完備です。

和室は玄関ホールからも出入りできる2Way。
和室は玄関ホールからも出入りできる2Way。
  • 階段下スペースを廊下側・洗面室側の双方で収納として活用。
    階段下スペースを廊下側・洗面室側の双方で収納として活用。
  • 明るさ・換気もよく、テレワークに集中。
    明るさ・換気もよく、テレワークに集中。

あなたにオススメの記事

ページTOPへ