WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
この一邸、このこだわり
2020/09/08

第10回 遊びごころ

「家は想いどおりにつくればいい」みずしまの家はとことん自由設計。

S様邸の階段を上ると、開放的なファミリールームがあり、そこにあるのはなんとボルダリング壁。これはもう注文住宅でしかできないプランニングでしょう。
家は家族の想いどおりにつくればいい。想いどおりにつくってこそ、そこで暮らす歓びと楽しさは何ものに代え難く大きなものになります。ボルダリング壁を登ると子どもたちの絶好の「隠れ家」となるロフトが。
最初は登れなくても、「あと少し!」と応援する家族の声を背に、いつしか筋力がつき、バランス感覚も磨かれ、軽々と登れるように。このファミリールームが日本代表の候補選手のひとりを育てた場所と将来言われるかも。

豊田市 S様邸
豊田市 S様邸

注文住宅ならではのプランやアイデアも魅力のS様邸。

ファミリールームから住まい全体に目を移すと、暮らしを快適にするプランやさまざまなアイデアが実現されています。「キッチン脇の家事室」「リビングのインテリア伝言板」、そして断熱工法には今話題の「Air断熱」を採用。心地よい空間づくり、家事をラクにし、家族のコミュニケーションも高まるS様邸です。

  • キッチン脇の家事室。家事の合間にここでティーブレイク。学校への提出物や手紙の整理などもここで。
    キッチン脇の家事室。家事の合間にここでティーブレイク。学校への提出物や手紙の整理などもここで。
  • 家族の集まるリビングの壁にはウッドタイルで囲まれた中央に「伝言板」。マグネットになっており、メモを貼っておけます。
    家族の集まるリビングの壁にはウッドタイルで囲まれた中央に「伝言板」。マグネットになっており、メモを貼っておけます。
S様邸は、いま話題の「エアコン1台でどのお部屋も年中快適を実現する」特許取得の新・断熱工法《Air断熱》を採用された住まいです。《Air断熱》の仕組みは、①家の床下の地盤熱も活用した室内の空気を排気口から屋外に逃がさず、外壁と内壁の間にある通気層に送ることで、②家全体を空気の層(エアカーテン)で包み込み、③夏も冬もエアコン1台で住まいのどの部屋にいても快適な環境をつくります。メリットは光熱費の削減のほか、結露抑制、室内干しが速くよく乾く、ホコリが溜まらなくなるなど、住まいにも暮らしにもいいことずくめ。新居をお考えの皆さま、ぜひ《Air断熱》もご検討ください。

あなたにオススメの記事

ページTOPへ