WEB MAGAZINE

「みずしまの家」の魅力や家づくりの知識など読み物を集めました
失敗しないリフォーム
2019/04/10

古民家の良さを 見直してみませんか?

古さ=弱さ、脆(もろ)さではありません。

「いま住んでいる家、代々大切に住み継いできたのだけど、建替えするしかないかな」。家の間取りや設備が暮らしに合わなくなってきたら、そろそろかなと考え始めますよね。でも長く住み継いできた家の美質を活かして、大規模リフォームすることで、この先もずっと安全・安心に住み続けることもできます。古さは弱さ・脆さとつい考えがちですが、どっこい家は想像以上に丈夫。建替えか、大規模リフォームか、迷ったらみずしまの家にご相談ください。

築年数にこだわらず、木造軸組工法の家なら大規模リフォームできます。

木造軸組工法には「伝統工法」と「在来工法」があります。どちらも荷重を柱と梁で支えているので、壁を撤去したり移動しても梁補強や柱の位置変更で強度を保つことが可能です。リフォームに合わせて基礎や壁などに耐震補強を行っておけば快適な暮らしとともに末永く住み継ぐことができます。

こんなにたくさん、大規模リフォームのメリット。

【間取り】
費用リフォームの規模によって大きく異なりますが、床面積が変わらないため建替えより低額です。不要な壁を取り払い、一部屋を広くできます。
【水回り】
キッチンや浴室など水回りの位置も変更できます。
【費用】
リフォームの規模によって大きく異なりますが、床面積が変わらないため建替えより低額です。
【仮住まい不要】
住みながらの工事も可能な場合があります。
【工期】
建替えよりも短期日(リフォーム規模による)です。

こんな場合は大規模リフォームをおすすめします。

■ 受け継いだ家を大切に住み継ぎたい。
代々住み継がれ、自分も幼少期からそこで育った家には思い出がいっぱい。建替えでその思い出を失いたくないときは大規模リフォームです。思い入れのある柱やインテリアを上手く残しながら、新しい住まいへとリフォームすることが可能です。

■「 接道義務」に抵触し、建替えできない。
家を建てる場合、建築基準法に「接道義務」が定められています。幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなくてはならない、というものです。これは災害時の避難経路、消防車や救急車の経路確保が目的です。ですから図1・図2の場合は建替え不可となります。大規模リフォームなら対応できます。

60年を超える当社の歴史の中で、私たちには600邸以上の建築実績があります。また、年間100件にものぼる大小さまざまなリフォームのご依頼もお受けし、経験を積んだ匠たちがお客さまのご要望に確かな腕でお応えしています。

  • 当社施工でない住宅のリフォームもお受けしています。
  • 木造、鉄骨、鉄筋コンクリート造など、当社のリフォームは構造を問いません。
  • リフォームの範囲は「耐震改修」「和洋室改装」「玄関」「リビング」「水回り」「外壁」「外構」など、あらゆる部位のリフォームをお受けします。
  • 住宅設備のご検討に当たっては、当社のアドバイザーがご質問にお答えします。

あなたにオススメの記事

ページTOPへ