IDEA

通風

通風のいい家は、エアコンなどを使用する機会も少なく「健康に・家計に・環境に」いい住まいといえます。みずしまの家では、プランニングにあたって風の通り道を考えた住まいづくりをご提案していますが、今回はそのうちのいくつかをご紹介します。機械に頼らず、酷暑の午後もさわやかな風が通る家で暑さ知らずに過ごす。スマートで素敵な暮らし方だと思いませんか?

天窓

暖かい空気は上がっていく。そんな自然のしくみを利用して、家の中にこもった暑い空気を排出。天窓付近の空気が外に逃げることで、たとえ外が無風でも、おのずと窓から外気が取り込まれ家の中に自然な空気の流れをつくります。天窓の換気効率は普通の窓の4倍といわれています。
天窓

地窓&高窓

伝統的な和室に設けられる、床面近くの「地窓」。この地窓と高窓をセットにすることで、天窓と同じような通風効果が生まれます。地窓を家の北面に設けると、夏でも涼しい風を呼び入れることができます。
地窓&高窓

縦すべり窓

隣家との間の通路が狭い場合、実はここ、風の通り道になっています。小規模ですがここは、いわゆる「ビル風」発生地帯。この風をキャッチするために、風を受け止める方向に「縦すべり窓」をつけると、風が入ってきます。
縦すべり窓

欄間

天井と鴨居の間の開口となる欄間やドアの上部に開口を設けることで、風の通り道に行き止まりをつくらず風を通すことができます。
欄間

排熱塔

各部屋のあたたまった空気を屋根裏に集め、排熱塔から暑い空気を一気に逃がす手法です。風の通り道を塔で狭くし、勢いよく排気します。
排熱塔

ページTOPへ