IDEA

照明

日本の住まいは、あるいは日本人は、あまりに照明に無頓着すぎたのではないでしょうか。間取りや家事動線、収納についてはあれこれ検討するのに、照明となると「明るければいい」というくらい。今回ご紹介するのは「建築化照明」とよばれる間接照明。建築化照明とは、家の構造に組み込まれた照明という意味です。例えば、昼は明るい開放感を楽しむリビングが、夜になるとホテルのラウンジで寛ぐような、ちょっと贅沢な雰囲気を楽しめるリビングに大変身。いかがでしょうか?さあ、昼と夜ふたつの表情のある住まいで、もっと家を楽しみましょう。

コーブ照明

光を天井に反射させる間接照明です。天井面を明るくすることで、視覚的に高さが強調され、空間に広がりが生まれます。空間全体には、天井面からのやわらかな反射光が広がります。主にリビングルームなどで活用すると効果的です。

コーニス照明

光を壁面に反射させる間接照明です。視界に入りやすい壁面を明るくすることで、奥行きと明るさ感が生まれます。空間全体にムードのある、華やかな雰囲気をもたらします。主に主寝室などで活用されると効果的です。

コーブ照明とコーニス照明の構造

コーブ照明が天井を、コーニス照明が壁面を明るくする仕組み図です。いずれの場合も光源が人の目に入らないため、まぶしさはありません。直接照明に比べて照度分布が均一になるため、陰影の発生が抑えられ、空間全体をやわらかな雰囲気で包みます。コーニス照明は主寝室などでは、光源をベッドのヘッドボードの後ろに置き、壁を照らし上げる手法もとられています。

ページTOPへ