COLUMN

新築・リフォームをご検討されているお客様へお役立ち情報をご紹介
家づくりコラム
2020/09/08

第24回 自動水栓

あれは3月初めの頃だったでしょうか。
新型コロナウイルス騒ぎがだんだん大きくなり、
感染防止には手洗いが効果的とアナウンスされ、
早速タレント・有名人たちがYouTubeなどで手洗いを披露していました。

 

なかでも評判になったのは木村拓哉(キムタク)のものでした。
キムタクの手洗いは実に丁寧で、手・指はもちろん、指の股、腕から肘まで
入念な洗い方で、それはもう完璧でした。

木村拓哉、手洗い動画公開!Smile Up ! Project ~Wash Your Hands~

 

ただ唯一残念だったのが、手洗い中ずっと蛇口が開きっぱなしだったこと。
「歯を磨いているときは、蛇口を閉めなさい」
小学生の頃、母親にそう叱られたのを思い出しました。
(いまでもそんな家庭、多いんじゃないかな)

 

そんなこともあって、ふと「家の洗面台も『自動水栓』にしたらどうだろう」と思いました。
そうあの会社やオフィスなどにある、蛇口に手をかざすと水が出て、引っこめると水はストップ。
でもこれ、個人の家に導入するのは高価なのではないか?
贅沢すぎるのではないか?
で、調べてみました。例えばPanasonicのWebサイトには、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆タッチレス水栓『すぐピタ』
出しっぱなしがなくなると1日で約24ℓ節水。
4人家族の場合、1日24ℓ、年間なら2ℓのペットボトル約4,280本分も節水できます。
(4人家族で1人が1日1回「石けんで手洗い・洗顔」する場合。
石けんを泡立てている間、水を出しっぱなしにする時間/手洗い時20秒(約2ℓ)、洗顔時40秒(約4ℓ)
価格:75,800円(税込み 楽天市場調べ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
調べてみるともっと安価なものもあるかも。
玄関を入るとSICが洗面室とウォークスルーでつながり、
ムリなく自然に手洗いに誘導。で、手をかざすと自動的に水。
うん、いいなあ。
「新しい生活様式」をスムーズに実行できる手洗いと節水を両立させる自動水栓。
新築ではもちろん、リフォームでも取り入れてみたい。

あなたにオススメの記事

ページTOPへ