COLUMN

新築・リフォームをご検討されているお客様へお役立ち情報をご紹介
家づくりコラム
2019/12/12

第15回 その家事、家がします


 
 
「名もなき家事」という言葉が出現して以来、家事に俄然注目が集まっています。
最近出版された『夫が知らない家事リスト』(野々村友妃子・著)では、
家事についての211項目が俎上にのぼり、
時に怒り、時にあきらめ、時に嘆くありさまがユーモラスに語られています。
 
家事は夜明けとともに毎日やってきます。「襲ってくる」と感じるひともいるかもしれません。
環境問題では「一人の百歩より、百人の一歩」が合言葉になっており、
多くの方が少しずつ環境問題に参加して解決しようという流れになっています。
家事でも同じですね。ひとりで抱えてないで、家族みんなで解決するのが最上策です。
 
ところで、そんな家族のために家も一肌脱ぎます、家事ラクの味方になります。
 
【子どもも夫も片づけが下手】
玄関にウォークスルーのSIC(シューズインクローク)に家族各自専用の棚を設け、
その棚に不急なものは置き、家の中に持ち込まない。
各自の収納の美醜状況が見えることで、整理整頓の習慣も身に付く。
 
【脱いだら脱ぎっぱなし】
脱衣室を広くとり、ぜひFCL(ファミリークローゼット)を。
各自の個室で脱ぎ着きしなくなり、洗濯物も1ヵ所に。
 
【食事づくりを手伝ってくれない】
アイランドキッチンがおすすめ。料理も料理の準備も片付けも家族みんなで。
ホームパーティでは、友人たちが料理にも片付けにも参加してくれます。
 
【育児と炊事の両立ができない】
キッチンから目の届く場所に和室を。幼い子どもの遊び場・昼寝の場に。
小上がりにしておくとおむつ替えもラク。床下には紙おむつの収納スペースもつくれます。
 
【複数の家事でてんやわんや】
キッチンと脱衣室(洗面室)を扉一枚でつなぎ、料理も洗濯も安心して同時進行。
脱衣室のドアを開ければ、そこには洗濯物がすぐ干せる小さなテラス。
ムダな動きのない一直線の水回り動線が毎日の家事をラクにします。
 
さあその家事、家事ラク家づくりで解決してみませんか。

あなたにオススメの記事

ページTOPへ